口臭恐怖症ってどんな恐怖症?

自分の口臭が気になってしまう人は多いと思います。
中でも、タバコを吸っていたり、お酒やコーヒーを飲むことが多いと、自分でも口臭を放っていると気づくことが多いですよね。

他人と話をしているときに口臭を放っていると、相手に不快な思いを感じさせてしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。

その自分の口臭に敏感になってしまうのが口臭恐怖症なのです。

口臭恐怖症になってしまうと、自分の口臭で相手が臭いと思ってしまうのではないかという恐怖で、会話をすることが出来なくなってしまいます。

反対に相手の口臭に対しても敏感になってしまうため、人が話をしているときなどに、呼吸を止めてしまう人だっています。

口臭恐怖症になってしまうと、何度もしつこく歯磨きをしてしまいやすいのですが、歯を磨きすぎてしまうと、反対に歯にダメージを与えてしまい、歯の耐久度が下がってしまいます。

歯磨きもそうですが、ブラシで舌に付着している汚れを取り除くのも好ましくないです。

美容を意識している人ほど、口臭に対して恐怖を感じやすいといわれていますが、口臭に対してあまり深く考えないようにしたほうがいいでしょう。
あまり意識しすぎてしまうと、人間関係や口腔内にトラブルが発生してしまうかもしれません。